「塾」

 JnoteTop

「塾」

「塾」は,「土」(部首:つち)+「孰」(じゅく)の形声文字です。(漢検2級(S) H18-1-(2)-06)

「土」は,象形文字です。まるめた土を土台に置いた形です。「塾」「土」は,建物の土台で土を盛り上げたところを意味しているのではないでしょうか。

「孰」は,部首「子」に分類されていますが,「享」「丸」に分解されます。

「享」は,神に御供えるするときの食器の象形文字です。器と蓋とで球形になります。この字の音から「あつい,まこと」の意味を持ちます。

「丸」は,象形文字で,弓に弾を表しています。弾の形から「まるい」意味を表しています。強い,硬いの意味も象徴しているかと思います。

「塾」は,もった土,丸いという意味を含んだ字となります。「塾」は,門のそばの小さな部屋を指すそうです。門のそばの部屋は,公式なことをする部屋でないこと,みんなでわいわいがやがやとやる休憩所の意味もあったのではないでしょうか。