「搭乗」

 JnoteTop

「搭乗」

トウジョウ:宇宙船に搭乗(トウジョウ)する。(漢検2級 H13-01A-(6)-09)

「搭」は,「手」(部首:てへん)+「荅」(とう)の形声文字です。「搭」のもともとの意味は,肩に服を掛ける動作をさすようです。「搭」の「手偏」を「土編」にすると,テレビ塔の「塔」になります。高いという意味も含まれているような気がします。

「乗」は,部首は,「ノ」(の)です。「禾(か)」+「人」「人」の形成された,会意文字です。木の上に二人が登っている姿を表しています。木に登ることから「乗る」という意味があります。

「搭乗」は,船・車・飛行機に乗ることときに使う言葉です。ステップに足をかけて乗るような動作から来ているのではなないでしょうか。