「甚」

 JnoteTop

「甚」

ハナハダシイ:常識外れも甚(ハナハ)ダシイ。(漢検2級 H13-01A-(8)-05)

「甚」は,「甘」(部首:あまい)に分類されていますが,これ一字で象形文字です。

「甚」は,置き竈(かまど)を表しています。十分に煮炊きをすることから,「甚だしい」という意味が生まれました。