「若」

 JnoteTop

「若」

「若」は,若い巫女が踊っている様子の象形文字です。「口」が祝詞を入れる器です。若い巫女の意味から,「若い」という意味が生まれましたが。女性のイメージが入った漢字です。ひ弱な意味があります。